友達とママ友の違いとは?

ママ友という言葉はよく聞きますが、友達とはどう違うのでしょうか。 ママ友にも友という字がある以上、友達と何も変わらないのではと考える人も多いでしょう。

一般的に区別されるのは、ママ友は子どもができて、子どもを通じてできる付き合いの友達、友達は自分が必要として、付き合う友達になります。

このように考えると、ママ友は友達のように、心から付き合える友達ではないということになります。

ママ友とはどんな関係を目指すべきか?

ママ友というのは、子どもの友達を通じてできた関係、ということになるのです。 ですから一定の距離がありますし、つかず離れずの関係が出来上がるのです。

このような関係はママ友に必要とされており、それ以上の関係になると相手の家庭に立ち入ってしまったり、必要以上に知らなくてもいいことを聞いてしまう、言わなくてもいいことを言ってしまうことになります。

もちろん時間の経過とともに知ったことや、教えたことはかまいません。 時間が経ち、何度も会って話すようになれば関係も深まっていきます。 ですが初対面やまだ何度も会っていない段階で相手のことを根掘り葉掘り聞くのは、ママ友関係には求められていません。

友達になるケースもあります

ママ友ができるきっかけは様々です。

お産した病院が一緒だった、市が開催するプレママスクールで親しくなった、子どもの保育園や幼稚園が一緒、家が近い、同じ公園を利用しているなどあります。 そこから子どもを通したお付き合いが始まりますが、子どもを通じての関係というのは、幼稚園や小学校に入ると痛感することが多いようです。

もちろんそこから本当の友達になることもあります。 友達は心を許しあい、何でも話せる、ちょっとした話題でも広げていくことができる、楽しい時間を共有し合える関係です。

この関係になるまでは、お互いに話すことも必要ですし、一緒にいて楽しいと感じることがまず大切になるのです。 ママ友というのは、友達になる一歩手前の状態であり、それ以下でも、それ以上の関係でもないといえるでしょう。

人見知りでも無理なくママ友を作れる穴場