小学校でのママ友の作り方・付き合い方

小学生の子供を持つママにとって、ママ友とはどのような存在なのでしょうか?

クラスの生徒の数や子供の学年などによって状況は異なるようですし、またママが専業主婦であるのかお仕事をされているかなどによっても変わります。 ただ、子供が高学年になるにつれて、ママ友と付き合いを続けるという方は少なくなる傾向にあるようです。

ママ友を作るチャンス

小学校では授業参観や運動会などで、ママが学校に行く機会が年に数回ありますが、その時こそ子供のお友達のママとお話ができるチャンスです。 育児のことで悩みがあったりする時などには、同じクラスの子供のママたちと情報交換することで悩みが解消されることもあるでしょう。

特に低学年の子供を持つママは、ご近所のママさんとママ友としてお付き合いをしているという方も多いようです。 子供がいつも仲良く遊んでいるお友達のママとまずは挨拶をしてお話を始めてみてはいかがでしょうか?

また、お仕事をしていてなかなか学校行事に参加できないという方は、ネットで同じ学年の子供を持つママを探してみるのも良いでしょう。

すでにグループが出来上がっていて入るのが難しいなら

幼稚園からすでにママ友ができあがっていて、そのまま子供が小学校へ入学して同じメンバーになってしまいなかなかママ友の輪に入れないという方もいるでしょう。

その場合には、無理に輪の中に入ろうとするとストレスが溜まってしまう可能性があるので、あまりお勧めできません。 クラスの子供のママ以外で、近所にいる他のクラスのママを探してみるか、しばらく様子をみてゆっくりとママ友を探されると良いでしょう。

無理する必要はありませんが

ママ友が特にいなくても問題ない場合がほとんどのようですが、話が合って、子供同士も仲良くしている場合などにはママ友としてお付き合いするのも楽しいものです。 お互いに負担にならない一定の距離を保ちながら、時々お茶会などを開いて情報交換をしてみるのも、育児の不安解消やストレス発散になるのでおすすめです。

まずは、行事で隣同士になったり顔を合わせたら、挨拶をしてみることから始めてみましょう。

人見知りでも無理なくママ友を作れる穴場