長続きする上手な付き合い方

ママ友関係を長続きさせるにはポイントがあります。

ではどのようなポイントを押さえておけば、ママ友関係を長続きさせることがで切るのでしょうか。

ポイントの一つは、友達の幅を広げることです。 ママ友ができたきっかけの多くは、同じ年頃の子どもがいたから、です。 友達ということは相性がいい、ウマが合うということになり、これは学生時代からの友達関係と何も変わりません。 そこに、ママ友という区切りをつけてしまうと、友達に一種の差別化をすることになります。

ママ友という概念にとらわれず、友達として付き合えることを前提に考えてみましょう。

大切にしたいのはマナーとルールを守ることです。

友達同士で気が合う人だとしても、元をたどれば他人同士です。 そこには守らなければならないルールとマナーがあります。 たとえば相手の家にお邪魔するときに守るべきマナーを身につけたり、話をするにも、触れていいことといけないことの区別をつけるようにしたいものです。

特にお金がらみはしっかりしておかなければなりません。 小銭であったとしても、きちんとしておかなければ、後々大変なことになりかねません。

もらったものや借りたものを覚えておくなどし、たとえば誕生日プレゼントをもらったら、相手の誕生日にもプレゼントを返すなどの、気配りも忘れないようにしましょう。

最後に必要なことは見た目です。

見た目というのは人の印象の9割を占めるものです。 初対面の人に対して、相手と気が合いそう、付き合えないと判断するのは見た目になります。

たとえば学生時代の友達と結婚後の付き合いがなくなったという場合、鏡を見てあなたの姿をチェックしてみましょう。 どこか所帯じみていないでしょうか。 友達と一緒にいて、一人だけ浮いてはいかにでしょうか。

相手と一緒にしなければならないということではありませんが、身だしなみというのは子どもも含めて、最も見られる部分でもあります。

ママ友の悩みを誰にも相談できない方へ

子育て中のママは孤独になりがちですから、相談相手の確保は大事です。とはいえ、ちょうどいい相談相手なんてそうそういないし、見つけられたとしても子供がいるとなかなか外出できませんよね。

その点、電話占いサービスのウラナなら隙間時間に相談できます。一人では思いつかない意見をくれるでしょう。それに、話を聞いてもらうだけでも精神は安定します。

ウラナはJASDAQ上場企業のエムティーアイが運営しているので怪しいサービスではありません。福利厚生に利用している企業があるぐらいです。

無料でお試しも可能。まずはどんな感じか試してから、本格的に利用するか検討してはいかがでしょうか?

電話占いの【ULana(ウラナ)】