グループで孤立しないための注意点

ママ友が何人かできてグループになると、その中で孤立していることに気がつく人もいます。

なぜ自分が孤立しているのか、本当は誰も自分と付き合いたくないのではないか、と落ち込むことも多いでしょう。 ではママ友グループの中で孤立しないためにはどうすればいいのでしょうか。 孤立しやすい人から考えて見ましょう。

孤立しやすいママ友の特徴

ママ友の中で孤立しやすいのは、自分を優位に立たせたいママ友です。 ママ友のご主人の職業を聞いてまわって、いい職業だと分かると、どこにでもいるというように言ったり、自分が少しでも劣っていると感じると機嫌が悪くなるのです。

また自分のことしか話さないママ友も孤立しやすいです。 話の中心が自分でなければ気がすまない、どんな話でも自分の話しに変えてしまうようなママ友、自慢話に変えてくるママ友がその例です。

さらに自分の言うことは正しいと自負しているママ友も孤立します。 子育てや生活スタイルなどに、自分の考え方を持っているというのはいいのですが、人にも同じようにしなければならないと、押し付けがましく言ってくる人がいます。

また世間一般の間違った情報を信じ込んでいる場合も多く、保育園だから幼稚園出身より劣る、1歳には卒乳しないと甘えん坊になる、というようなことを信じてアドバイスしてくるママ友も次第に人が離れていきます。

逆にかまってほしいという態度のママ友、人に依存してばかりのママ友も孤立します。 人の都合を考えずに、自分の都合ばかり押し付けてきたり、自分は何もしないのにお願いばかりしてくるママ友になります。

会話での注意点

会話の中でも孤立するママ友が分かります。

その一つが悪口しか言わないママ友です。 噂や悪口というのは、会話をしていれば必ず出てくるものです。 しかし、会うたびに悪口ばかり言っている、愚痴が多いママ友は孤立していきます。

人のことを詮索するママ友も同じです。 相手のことが気になるのは分かりますが、プライバシーの問題にかかわる部分もありますので、詮索しすぎるのは良くありません。

ママ友の悩みを誰にも相談できない方へ

子育て中のママは孤独になりがちですから、相談相手の確保は大事です。とはいえ、ちょうどいい相談相手なんてそうそういないし、見つけられたとしても子供がいるとなかなか外出できませんよね。

その点、電話占いサービスのウラナなら隙間時間に相談できます。一人では思いつかない意見をくれるでしょう。それに、話を聞いてもらうだけでも精神は安定します。

ウラナはJASDAQ上場企業のエムティーアイが運営しているので怪しいサービスではありません。福利厚生に利用している企業があるぐらいです。

無料でお試しも可能。まずはどんな感じか試してから、本格的に利用するか検討してはいかがでしょうか?

電話占いの【ULana(ウラナ)】