これだけは守りたい、ママ友に言ってはいけない言葉とは

ママ友同士であっても、言ってはいけない言葉があります。

ではどのような言葉を言ってはいけないのでしょうか。

その代表的な言葉が「お世話になっています」です。

一見問題ないように思えますが、相手が本当にお世話になっているのかどうか、挨拶する前に考えましょう。 もし知り合い程度ということであれば、意外と交流のない人という考えを持つ人が多いものです。

それから「困ったときに相談に乗るよ」という言葉です。

例えば本当に相手が困っていて、相談してきたときに、何も回答できないようであれば、頼りにならない人、うそつきと思われてしまうことがあります。 さらにランチしようというお誘い、どの店がいいかお勧めを聞くのもいけません。

ランチに誘うということは、自分が率先してランチ会を開くということ。一度も開かれなければそれはあなたという人間の評判を落とす結果になります。

このとき、「絶対」という言葉を使うこともいけません。

絶対は強い言い方で、自分の言った言葉の責任をさらに強めることになります。 その約束が破られると、あなたの信頼性は下がってしまいます。

ママ友に言ってはいけない言葉はまだあります。

自分をほめたり、相手をほめる言葉です。 たとえばご主人の職業をほめることがあげられます。 「お宅のご主人すごいわね」といっても、相手の夫婦関係がいいかどうかはこちらには分かりません。

同様に、自分の買ったものがどれだけ良かったか話すことも、相手にとっては価値のないものかもしれませんし、相手もほしいと思っていても買えない状況にあるかもしれません。

ほかには相手に同意する言葉、理由のない断り、気安い依頼もいけません。

自分もアレルギー持ち、というように、病気に関わる話は特に神経を使わなければなりません。 同じ病気でも、症状の程度は人によって違います。

またたとえば相手にお誘いを受けて、先約があるといった場合、相手は自分が後回しにされる人間だと思ってしまいます。 気安い依頼については、相手が苦労して手に入れたものを、簡単に教えて、といったり、紹介してといったりすることで、相手が不快に思うこともあるのです。

ママ友の悩みを誰にも相談できない方へ

子育て中のママは孤独になりがちですから、相談相手の確保は大事です。とはいえ、ちょうどいい相談相手なんてそうそういないし、見つけられたとしても子供がいるとなかなか外出できませんよね。

その点、電話占いサービスのウラナなら隙間時間に相談できます。一人では思いつかない意見をくれるでしょう。それに、話を聞いてもらうだけでも精神は安定します。

ウラナはJASDAQ上場企業のエムティーアイが運営しているので怪しいサービスではありません。福利厚生に利用している企業があるぐらいです。

無料でお試しも可能。まずはどんな感じか試してから、本格的に利用するか検討してはいかがでしょうか?

電話占いの【ULana(ウラナ)】