ランチの時に気を付けておきたいポイント

ママ友同士でランチに行くとき、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

まずはどこでランチをするか、です。 ランチの場所はいろいろありますし、ママ友も近くに住んでいるとは限りません。 たとえば1~2駅ほど離れた場所に住んでいるママ友であれば、中間地点の駅前にするなど、場所の工夫が必要です。 急に場所を探すよりも、アプリをダウンロードし、あらかじめママ友同士で行きやすいお店をチェックしておくといいでしょう。 以前幹事をしたことのあるママ友に聞いてみるのも一つの方法です。

ランチを誰かの家に集まってするということであれば、持ち寄りにするのか、お金を集めて購入するのかなど、あらかじめ決めておきましょう。 持ち寄りの場合はかぶらない工夫も必要です。 お子さんを連れてくる場合は、お子さんが一緒に、長く遊べる工夫もしましょう。

ランチには予算もあります。

一人ひとりの家庭の経済状況が違うように、ランチにかけられる予算も決まっています。 無理に高いホテルのランチを予約したりすれば、必ず行けない人が出てきます。 予算はほどほどに、誰でも楽しめるお店を探すようにしましょう。

トラブルを防ぐために

ママ友ランチで多いのが、当日の急なキャンセルです。

小さいお子さんがいて、熱を出したからいけなくなった、ということはよくあります。 このとき、いけなかったママ友に対しての声掛けは忘れないようにしましょう。 声をかけることで、また誘ってもらえると、相手のママ友にも安心感が生まれます。

時折聞かれるママ友ランチのトラブルに、この子どもの体調不良による急なキャンセルがあります。 実際にあった話では、ランチが中止になったのは子どもの体調管理をしていないせいだから、違うイベントを企画しろ、というものです。 このようなことを言われれば、相手のママ友も気を遣いますし、そこで付き合いが終わってしまっても不思議ではありません。

ママ友のランチで必要なことは、相手のことを考えて企画すること、みんなで楽しめるお店に行くこと、お店に迷惑をかけないようにすることです。 そしてなにより、マナーとルールをしっかり守ることといえるでしょう。

ママ友の悩みを誰にも相談できない方へ

子育て中のママは孤独になりがちですから、相談相手の確保は大事です。とはいえ、ちょうどいい相談相手なんてそうそういないし、見つけられたとしても子供がいるとなかなか外出できませんよね。

その点、電話占いサービスのウラナなら隙間時間に相談できます。一人では思いつかない意見をくれるでしょう。それに、話を聞いてもらうだけでも精神は安定します。

ウラナはJASDAQ上場企業のエムティーアイが運営しているので怪しいサービスではありません。福利厚生に利用している企業があるぐらいです。

無料でお試しも可能。まずはどんな感じか試してから、本格的に利用するか検討してはいかがでしょうか?

電話占いの【ULana(ウラナ)】